通信制高校とサポート校という実学のシステム

学問の場としての通信制高校

全日制の高校に通わなくとも高校卒業資格を得ることができるのが通信制高校というシステムです。
通信制高校は、ひと月の中の数日さえ学校に出向いてゆくほかは、すべてネットで自分の都合の良い時間に勉強することができるもので、全日制のように学年ワケがないために、自分が学びたいものから学ぶことができるという便利なシステムです。
通信制高校を無事に完了することで、高校卒業資格を得ることができるために、大学受験の資格も得られるものです。
1人で集中できる環境というのも集中できて勉強が身に入りやすいものです。

実学の場としても活用できるサポート校

そんな通信制高校ですが、たとえばジュエリーメイキングのサポート校に同時入学したりできます。
高校に通いながら同時に実学を修めることが出来るのです。
ジュエリーやアクセサリーの制作やデザインを学びながら、高卒資格が取得できるサポート校があります。
提携の通信制高校に同時入学で学習、生活の支援を受けながら、卒業後には、プロのクリエイターやデザイナーを目指します。

通信制高校のシステム

高卒資格に必要な単位はサポート校で受講し、1年に数日間のスクーリングは提携の高校で受講します。
3年間在籍すれば、卒業となります。
卒業時には、提携高校の全日制と同じ卒業証書がもらえます。
 サポート校にも、週4日通学すれば良く、そのうち1日は半日授業です。
無理なく通えるシステムでありながらも、ジュエリー・アクセサリーの本格的なプロ養成のカリキュラムが実施されています。

誰もがチャレンジすることが出来ます

この学校は中学校卒業見込みか、既に卒業した人が対象ですが、年齢に制限はありません。
学びたいと思った時に入学することが出来ます。
新入学は4月入学と10月入学の年2回チャンスがあり、転入、編入は随時行っています。
他の高等学校で取得した単位や在籍期間は持ち越せるようになっているので、安心して入学が可能です。
 興味を持った人のために、学校説明会も行われています。
実際の授業などを見学できるほか、ジュエリーを作成する体験講座なども開かれています。
まずは資料請求をしてみてください。