葬儀の形態のひとつである友人葬の進み方と特徴

葬儀は、人生を締めくくる最後のイベントです。

特に人間を社会的に生きる生き物だととらえれば、社会からの正式なお別れがその人にとっての死であると考えることも出来ます。
生前にゆかりのあった方々をお呼びし、故人との思い出に心をはせるという尊い行為が最後に用意されているからこそ、われわれは生きている時間を精一杯社会に貢献することに使えるのではないでしょうか。
私の祖母は少し前になくなりましたが、個人的に宗教を暑く信奉していた祖母は、遺言書にて友人葬を行ってほしいと書き綴っていました。
私の祖母のように、信仰心が篤い方は友人葬を選択される方がしばしば居られるようです。

友人葬という新しい選択

友人葬は規模が慎ましやかで、演出や式次第が簡素に抑えられる傾向にあるため、家族葬の亜種と捉えられている人もいるようです。
豪奢で贅をつくした式にすることを、俗世間での欲望への執着ととらえて慎むよう教えている宗教には非常に適しているというのが、その理由のひとつでしょう。
特に私が祖母の友人葬という選択が間違っていなかったと思った瞬間は、祖母が荼毘に付されたあとに親戚一同と祖母の友人だけで集まって行ったお斎です。
この時間はまさに祖母のことをしのんだ有意義な会話がなされましたし、出席者がお互いの近況などを語り合ったりして和気藹々としたものになりました。

個人を囲んで和気あいあいと話し合う斎場のひととき

私などは、「ああ、こうして親戚同士が語り合っている姿をおばあちゃんも見守っているな。」と思ったほどです。
友人葬といっても家族代表者のスピーチや焼香など、プログラムの進み方に大きな違いはありませんし、前述したようなメリットもあります。
もし故人が遺族に遺した遺言に、友人葬を所望する旨が書いてあっても、戸惑うことなくセレモニーホールなどに伝えれば、滞りなくことは進みますので安心です。