地域によって変わる家族葬の特徴とマナー

家族葬は新たなお葬式の形

最近良く耳にする家族葬という葬儀の形ですが、これと言った定義はありません。
いうなれば家族のみで行う、内々の葬儀になるでしょう。
また、家族のみならず、親族、故人と親しい関係を持っていた友人や知人などを招待することもあるようです。
いずれにしても、少人数で行う小規模スタイルの葬儀ということになります。
だからこそ、冠婚葬祭の習慣との違いに戸惑う方も多いのです。

習俗よりも個人の意思を尊重できる家族葬儀

家族葬を選ぶ人の特徴としては、退職をして社会との付き合いが減ってしまった、長い年月が経過して友人や知人が他界してまったというご高齢の方に多く行われています。
小規模で行う、と言う点を除けば通常の葬儀と違いはありません。
通夜、告別式、葬儀を行い、仏式であの世に送り出してあげるのが一般的な流れになります。
ただ、宗教の形にこだわる必要もないでしょう。
葬儀の形にはこうでなくてはいけないというような決まった定義はありません。
なので、故人や遺族の意思を尊重して、より良い形で送り出して上げることができれば、それが一番いい方法です。

親族間の最低限のマナーはわきまえましょう

さて、こうしてみると一見、堅苦しくならず手間も面倒も最小限に抑えられそうな葬儀ですが、内々の葬儀ゆえに気をつけなくてはいけないマナーもあります。
それは、誰に参列してもらうのかと言うことです。
人間関係とは複雑なもので、招待しなかった人の中には「自分もお見送りしたかったのに…」と思ってくださる方もいるでしょう。
残された方々の気持ちを蔑ろにするようことはしてはいけません。
そこで、誰を招待するのかと言うことを検討すると同時に、故人に縁のある関係者の方々に家族葬を行うということを伝えておく必要があります。
残された遺族は、こういったマナーを持って故人に恥を欠かせないように配慮してください。